2005年05月10日

三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJダイレクト

三菱東京UFJダイレクトは、振込み、残高照会のほか定期預金・外貨預金・投資信託の取引、ローンの申し込みなどが、窓口だけでなくインターネット・モバイル・電話からでもできる三菱東京UFJ銀行のインターネットバンキングです。既存銀行の豊富な商品に加えて、利用できるATMが多いこと、簡単で便利なネット上のサービスが充実していることなど、三菱東京UFJ銀行をフル活用することができます。

三菱東京UFJダイレクトの申込は、三菱東京UFJ銀行に口座を持っている場合は、インターネットまたは電話でいますぐ行うことができます。口座を持っていない場合でも、普通預金口座(総合口座を含む)またはオールワン普通預金口座(三菱東京UFJダイレクトがあらかじめセットされています)の開設と同時に行うことができます。

オールワン(旧UFJ店での申込)とは、取引内容によっては、深夜や休日の三菱東京UFJ銀行のATM時間外利用手数料が無料になる新型口座です。月末の取引内容または月中の引落実績によって三菱東京UFJ銀行ATM時間外手数料,他行ATM利用手数料が優遇されます。また、新たに借入れたローン金利が完済まで全期間優遇されます。

オールワンは、新規に開設するほか、三菱東京UFJ銀行にすでに口座を持っている人はその口座を取引支店・口座番号はそのままでオールワンの口座に切替えることができます。オールワンには月額315円の利用手数料がかかります。
ただし、申込みから6ヵ月間は無料です。また、月末資産残高10万円以上、月中に「 UFJカード 」 または「NICOSカード」引落しあり、月末にカードローンまたは住宅ローンの借入れ残高ありなどの条件を満たせば無料になります。

現金の預入れ・引出しは、店舗窓口、ATMのどちらでもできます。
店舗窓口を利用する場合はもちろん無料です。
ATMは、三菱東京UFJ銀行のATMを利用する場合、平日8:45〜18:00、土曜日9:00〜14:00の間は無料で、その他の時間帯は時間外手数料105円が必要です。
コンビ二のATM(イーネット、セブン銀行、ローソン)・郵便局ATMを利用する場合は、時間内105円、時間外は210円が必要です。
提携金融機関のATMを利用する場合は、グループ金融機関以外は別途提携手数料がかかります。

振込み手数料は、振込先が三菱東京UFJ銀行または三菱UFJ信託銀行の場合は無料、他行の場合は210円(3万円未満)または315円(3万円以上)です。ただし、振込先が他行の場合でも、月末預入れ資産残高が50万円以上または住宅ローンの借入れ残高ありの場合は、105円(3万円未満)または157円(3万円以上)になる月3回までの優遇サービスがあります。

三菱東京UFJダイレクトの専用サービスとして、インターネット証券仲介やeペインメント&ネット振込・ネット口座振替申込受け付けサービス・ペイジー収納等の決済サービス、インターネット支店などの利用ができます。

posted by ネットバンクリサーチャー at 16:35 | TrackBack(0) | 既存銀行のインターネットバンキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19775771

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。