2005年07月13日

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行 は、ネット決済を中心に定期預金、FX(外国為替保証金取引)、投資信託や ネットキャッシング、ローンまで比較的幅広いサービスを提供するネット専業銀行です。公共料金の引落しや給与振込にも利用できますので、ネットユーザーにとってメインバンクとして使える銀行と言えるでしょう。

またワンタイムパスワードを導入しセキュリティ強化を図っているのも特徴のひとつです。

口座の開設は、ホームページから簡単行うことができます。開設する口座には、個人向けの普通預金のほかに、法人及び営業性個人向けの普通預金「 JNBビジネスアカウント 」があります。

現金の預入れ・引出しができる提携ATMは、三井住友銀行、am/pmの@BANK、コンビ二のE-net(イーネット)、セブン銀行、ゆうちょ銀行です。ほとんどの人が利用可能だと思いますが、自分の近隣にATMがあって利用し易いかどうかをまずチェックしましょう。
ジャパンネット銀行の場合原則、ATM入金手数料とATM引出し手数料が必要ですから 頻繁に現金の出し入れをする人には向かないと思いますが、月1回の入・出金ですむ人なら 無料ですから 割安な振込手数料(3万円未満の他行宛で168円)や有利な預金金利(普通預金0.05%)のメリットを活かすことができます。
また、月々105円の口座維持手数料が必要ですが、振込を1〜2回利用すればペイします(例えば3万円以上の他行宛振込で、既存銀行315円から420円に対してジャパンネット銀行262円です)から振込機会が2、3回以上ある人なら問題はありません。
なお、各手数料については、利用状況によって無料あるいは割引されますので 商品・サービスを上手に利用すれば経費が殆ど必要なくなります。

ジャパンネット銀行 の最大の特徴は、決済サービス機能が豊富にあることです。

例えばネットショッピングをする人にとっては、ジャパンネット銀行と提携しているWebサイトで商品を購入した場合に、振込先や振込金額が自動表示されて面倒な入力操作がいらない「リンク決済」や、簡単に支払ができる「ezp@y(イージーペイ)」、商品をすぐに発送してもらうために即時決済することができる「ネットデビッド」など便利な機能が用意されています。

またネットオークションでも、Yahoo!オークション、ビッダ−ズ、楽天フリマ、WANTEDオークションなど国内大手オークションサイトと提携していますので、オークションに関する様々な支払がネット上で簡単にできます。オンライントレードについても同様にできます。

異色なのは、競艇・競輪・競馬などの公営競技を楽しむために、インターネットで投票することができるサービスです。ファンの人には有り難いサービスです。

その他に、自分宛てに振込みをして欲しい時に、振込人に自分の専用URLをクリックしてもらうことで、簡単に振込みができる「JNB-J振(Jフリと呼びます)」とか「メッセージ付振込」とか「WEB一括振込」「郵貯Web送金」「口座自動振替」などのサービスがあります。

【ネット専業銀行の最新記事】
posted by ネットバンクリサーチャー at 20:19 | TrackBack(3) | ネット専業銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

預金
Excerpt: 預金預金(よきん)とは、銀行などの金融機関に金銭を消費寄託(同種同量のものの返還を約してする寄託、期限の定めがない場合にいつでも返還を請求できる点で消費貸借と異なる)すること、または、寄託された金銭の..
Weblog: 預金---辞典
Tracked: 2005-05-13 21:06

ジャパンネット銀行
Excerpt: インターネット銀行のパイオニア『ジャパンネット銀行』
Weblog: 旬の生活〜ショップ〜
Tracked: 2005-11-08 19:44

スワップ金利派のFX投資術
Excerpt: 《スワップ金利派のFX投資術の巻》 さて本日は、『FXのスワップ金利で資産運用をする』ということをテーマとしたい。 メイン通貨ペアはドル円である。ドル円は実にスワップ金利派にとって都合のいい通貨ペアで..
Weblog: FXはスワップ金利で勝つ! 外国為替取引の日記
Tracked: 2006-02-19 14:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。