2005年05月12日

三井住友銀行
SMBCダイレクト

三井住友銀行SMBCダイレクトは、振込み、残高照会のほか定期預金・外貨預金・投資信託の取引、ローンの申し込みなどが、窓口だけでなくインターネット・モバイル・電話からでもできる三井住友銀行のインターネットバンキングです。既存銀行の豊富な商品に加えて、利用できるATMが多いこと、簡単で便利なネット上のサービスが充実していることなど、三井住友銀行をフル活用することができます。

三井住友銀行One'sダイレクトを利用するには、まず普通預金口座(総合口座を含む)を開設する必要があります。三井住友銀行には、3種類の総合口座「一般タイプ」「One's plus」「One's Style」がありますので自分のライフスタイルに合った口座を選ぶとよいでしょう。
「一般タイプ」は、普通預金や定期預金、積立等を利用できるシンプルな総合口座です。もちろん口座維持手数料は必要ありません。
「One's plus」は、利用手数料210円が必要(Web通帳を選択した場合は無料)ですが、ATM時間外手数料無料、ポイント特典、ネット取引、金利アップ、ライフイベントサービス等のおトクで便利なサービスのついた総合口座です。
「One's Style」はOne's plusにWeb通帳とクレジット機能をセットにしたATM時間外手数料無料、口座管理料無料等おトクで便利な、20代、30代専用の総合口座です。

三井住友銀行にすでに口座を持っていればインターネットで簡単にOne'sダイレクトの利用登録の手続きができます(申込書を郵送したりする必要がありません)。

現金の預入れ・引出しは、店舗窓口、ATMのどちらでもできます。
店舗窓口を利用する場合はもちろん無料です。
ATMの場合は、 三井住友銀行のATM、am/pmにある三井住友銀行の@BANKのATMを利用する場合、時間内は無料で時間外は105円が必要です。
コンビ二のATM(イーネット、セブン銀行、ローソン)・郵便局ATMを利用する場合、時間内は105円、時間外は210円になります。

三井住友銀行では、毎月25日・26日のATM時間外手数料が無料になる優遇サービスがあります。ただし、三井住友銀行のATMとam/pmにある三井住友銀行の@BANKのATMが優遇サービスの対象です。

振込は、店舗窓口、ATM、One'sダイレクト (インターネットバンキング・モバイルバンキング・ テレホンバンキング)で行うことができますが、 手数料が安いOne'sダイレクトを利用するのがよいでしょう。振込手数料は、振込先が三井住友銀行の場合105円、 他行宛の場合で振り込み金額が3万円未満のとき210円、3万円以上のとき420円です。

三井住友銀行の円預金には、1ヶ月経ったらいつでも引き出せる「新型通知預金(Can)」とか
預金残高が30万円以上だと金利がアップする「残高別金利型普通預金」、
普通預金よりも金利が有利で、しかも残高によって金利がアップする「貯蓄預金」、
退職金専用運用プラン「One's Life」、「特典付積立(りぼん)」など豊富な商品が用意されています。

外貨預金の取扱い通貨は、米ドル、ユーロ、 英ポンド、スイスフラン、 オーストラリアドル、 ニュージーランドドルなどです。外貨預金にも1ヶ月経ったらいつでも引き出せる「新型外貨通知預金(Can)」とか満期時の為替相場によって預入れ通貨を交換することもできる「プレミアム預金」などがあります。

投資信託は、One'sダイレクトで取引できるファンドが59本(うち電話での取引のみが4本)あります。少額からできますし、メールでやりとりできる投資信託無料ネット相談サービスなどもあります。

ローンには、 住宅ローン、 フリーローン、マイカーローン、教育ローン、カードローンなどがあります。、住宅ローン関連で、他にも借り換えローン、住み替えローン、リホームローン、諸費用・教育・リホームローン、つなぎローンなどが、またカードローン関連で、One'sクイック、三井住友銀行グループのプロミスアットローン などがあります。

その他One'sダイレクトを使ってできる簡単で便利なサービスには、三井住友銀行と提携した加盟店でのショッピング代金の支払や証券会社等への振込を簡単におこなうことができる「ネット決済サービス」を利用することができます。ネット決済サービスにはウェブ振込サービスと即時決済サービス(ネットデビット)の2種類があります。

また三井住友銀行と提携した収納企業のサイトで商品の購入やサービスの申込みをした際に、料金などの支払に関する預金口座振替契約をインターネットでできる「口座振替受付契約サービス」があります。手数料は無料です。

振込入金や口座引落し情報をパソコンや携帯電話にメールで知らせる「電子メールお知らせサービス」もあります。利用料は月額105円です。

NTTドコモのオサイフケータイに、iアプリを用いて電子マネーEdyをチャージする「電子マネー“Edy”チャージサービス」があります。チャージ1回あたり105円の振込手数料がかかります。ただし、1回あたり2万円以上チャージすると振込手数料が無料になります。

税金・公共料金などの各種料金の払込ができるOne'sダイレクト「Pay-easy(ペイジー):税金・各種料金の払込サービス」があります。収納機関によっては払込手数料が無料になります。

posted by ネットバンクリサーチャー at 17:14 | TrackBack(1) | 既存銀行のインターネットバンキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4308312

この記事へのトラックバック

アット ローン 残高 照会 その1
Excerpt: ローン・キャッシング【アットローン】会員サービスログイン自動審査で一秒回答!最短...
Weblog: アット ローン 残高 照会
Tracked: 2007-07-17 06:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。