2005年06月20日

みずほ銀行
インターネット支店

みずほ銀行インターネット支店は、定期預金、外貨預金、投資信託、住宅ローン、カードローンなどを扱うみずほ銀行のインターネット専用支店です。取引や手続きはみずほダイレクト(インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング)やATMで行います。
店舗や窓口を持たず通帳を発行しないみずほ銀行インターネット支店の特徴は、メインバンクとしての機能、豊富な商品やサービス、充実したATMネットワークなど、高い利便性を持ちながらコストや金利面では店舗支店と比較して有利になっていることです。

みずほ銀行インターネット支店を利用するには、インターネット支店総合口座の開設とみずほダイレクトの申し込みが必要です。申し込みはホームページから行いますが、ATM時間外手数料無料等の特典があるみずほマイレージクラブへの入会も同時にできます。口座維持手数料は無料です。

現金の預入・引出しは、みずほ銀行のATM、コンビ二ATM(イーネット・ローソン)、郵便局のATM、BANCS・MICS提携金融機関のATMで行うことができます。
みずほ銀行のATMを利用する場合、時間内無料、時間外105円、時間外(深夜・早朝)210円で、コンビ二ATMを利用する場合、時間内105円、時間外&時間外(深夜・早朝)210円です。
郵便局のATM、提携金融機関のATMを利用する場合は各金融機関所定の手数料がかかります。
ただし、みずほマイレージクラブに入会して、一定の取引条件を満たしていると手数料の優遇が受けられます。

振込みは、インターネット支店宛は無料で、自行本支店宛は105円(振込み金額3万円未満)、210円(3万円以上)です。他行宛は210円(3万円未満)420円(3万円以上)です。振込み手数料もみずほマイレージクラブに入会して、一定の取引条件を満たしていると優遇が受けられます。

みずほ銀行インターネット支店では通常の普通預金の他に、10万円以上の残高があれば普通預金よりも金利がお得で、残高に応じて金利が7段階にアップしていく貯蓄預金も扱っています。また、定期預金は店舗支店よりも金利が有利になっています。

外貨預金の取り扱い通貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、スイスフランの6種類です。みずほ銀行ATMを利用すれば、米ドル普通預金の為替手数料通常片道1円が60銭になる優遇サービスがあります。

投資信託をするには郵送による投資信託口座の開設が必要です。みずほ銀行インターネット支店で取扱うファンドの数は67本あります。サイト上の投資信託講座を参考にしながら豊富なファンドの中から自分のライフプランに合ったものを見つけるとよいでしょう。

住宅ローン・借り換えローン・買い替えローン、多目的ローン、カードローンなどのローンが利用できます。

宝くじといえばみずほ。ジャンボ宝くじをはじめとする全国自治宝くじ、ブロックくじの購入がネットでできる「宝くじサービス」があります。当選金の受取りは、口座振込によって行われます

決済サービスには、「公共料金口座振替」、
Yahoo! JAPANが提供する有料サービスの代金決済を簡単に行うことができる「Yahoo!ウォレット口座振替」、
みずほ銀行と提携している加盟店サイトでのサービス・商品代金等の支払ができる「ネット振込決済サービス」、
ペイジーマークが記載されている払込書などの料金を窓口に行かなくてもパソコンや携帯電話で支払できる「Pay-easy(ペイジー)税金・料金払込サービス」などがあります。

【既存銀行のインターネット支店の最新記事】
posted by ネットバンクリサーチャー at 17:53 | TrackBack(0) | 既存銀行のインターネット支店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。